無事に出国審査通過

成田空港に到着し、デカイ荷物をヨタヨタと運び込み、 [お代官様]…じゃなかった、[ANAチェックインカウンター]でスーツケースを預けると、 次なる難関[出国審査]に並ぶべく、エコバッグを取り出し、細々とした金属類などを詰めはじめます。 …ゲッ!? その瞬間、亜子さんは青ざめてしもうた! アメリカ在住[なおこちゃん]に頼まれた[だしつゆ1Lが有るではニャーか!…

続きを読む

結局…

悪友[しんちゃん]から頼まれた[福島先生]の荷物のおかげで、 出したり入れたり、 また出したり入れたり… 吹き出る汗を、オジサンみたいに首にかけたタオルで拭きつつ、 ようやっと詰めた、何とデカイ荷物。 残る問題は[重量制限]のみ。 あ゛ー!何とかお願ぇーしますだぁー!お代官様ぁー!(T_T)

続きを読む

カラー

悪友「しんちゃん」は、お花が大好きなので「歩く植物事典」です。 常日頃、亜子さんに、世の中の様々な悪い事や悪さや悪い事や悪さや悪い事や悪さを次々と教えてくれる、有り難ーい先生なのだが、 土いじりをしたいがために、渋谷の自宅からわざわざ府中の園芸科の高校に通ったほど、お花が大好きです。 今日もまた、可愛いお花を見つけ、お写真を撮ってくれました。 黄色の「カラー」です。 …

続きを読む

無事に帰宅

東京~仙崎~博多を旅した亜子さんは、昨夜、無事に帰宅しました。 すっかりクタビレ万年で、風邪だかPM2.5だか、たいそう怪しげな副産物まで貰って来てしもうた亜子さん。 今朝、行きつけのクリニックへ行き、お薬を頂きました。 旅のお写真を沢山撮ったので、後日、blogにアップしますから、お楽しみにね!(^0^)/

続きを読む

仙崎の旅 その2

東京駅から山陰・萩へ向かう夜行バスは、終始、激しい風雨が吹き付け、結局薬局、予定時刻よりも1時間近く遅れて[萩バスセンター]に到着しました。 萩から、さらに仙崎へ行かなければならない亜子さんは、時計が9時を過ぎる頃から、モヤモヤザワザワハラハラドキドキして参ります。 予定通り[萩バスセンター]10時4分到着ならば、そこからノンビリ町並みを散策しつつ[東萩駅前]11時25分発[青海…

続きを読む

戦の前に腹ごしらえ

いよいよライブ当日。 亜子さんは、藤沢のドトールで朝食です。 大好物のアボガトが入ったミラノサンド+コーヒー+さくらあんデニッシュ。 これからヘアーメイクに行きまーす!

続きを読む

2013年夏・ベルククラブ身障登山会

皆様、おはようございます。 今日は、毎年恒例「ベルククラブ身障者登山会」です。 富士山お中道ハイキングです。 車椅子含む身障者とボランティアサポーター総勢約120名。 亜子さんは当然の如く、悪友「しんちゃん」担当です。 世界遺産に登録された富士山は、混むのでしょうか? 小学生から100歳の方々まで、健康であれば誰でも参加できるハイキングコースですが、 …

続きを読む

遠近両用コンタクトレンズ

ポロリ。 その瞬間、悲劇は訪れた。 左目のコンタクトレンズが落ちてしもうたのだ! 交差点を渡りきった先で、強い風が吹き、その瞬間、落ちてしもうたのだ!! 慌てて、日傘を閉じ、足元を見回す。 「大丈夫ですか?」 「何を探してるんですか?」 人通りが物凄ぉーーく多い、その場所で、当然見つかるわけがない。 亜子さんは、泣く泣く諦め、帰宅した。 翌日、眼…

続きを読む

街頭演説

今日、亜子さんは、恩師のクリスマスコンサートに行って参りました。 [Sammy Music Academy]の講師による室内楽です。 バイオリン+チェロ+ピアノ+フルートの古楽アンサンブルを聴けるので、ウキウキワクワク、トントコリン。 駅に向かって歩いていると、 …ん?何ぢゃ、ありゃ。 誰かが歌っています。が、どうも変です。 駅前ではミュージシャンが、よく弾…

続きを読む

只今、お試し中。~馬プラセンタ編~

○十年前、某社の化粧品に「プラセンタ」という成分が含まれているのを知り、 それ以来、何となーく気になっていました。 「プラセンタ」とは、「胎盤」のことです。 しかし、プラセンタ配合の化粧品なんて、あまりに高価で買えない上、 それほど必要不可欠とも思わなかったので、 いつの間にやら、存在そのものを忘れておりました。 近年、美容目的の商品が激増し、プラセンタも出回るようになり…

続きを読む

テレビ電話 初体験!

亜子さんは、三菱東京UFJ銀行の口座を開設しに行って参りました。 申し込み書を書き終わると、スタッフさん曰く、 「本日は窓口が大変混み合っておりまして、2箇所の窓口で順番待ちをして頂くことになりますが」。 「構いませんよ」。 「では、ご足労おかけしますが、こちらへどうぞ」。 付いていくと、小さなブースがあり、扉を開けると、ATMのような機械と椅子があります。 …

続きを読む

「イトカワ・カレー」

今日、用事があり、相模原市役所に行きました。 丁度、お昼どきだったので、市役所の食堂でランチをとることにしました。 食堂の前には、本日の限定メニューの写真が。 ・・・・・「イトカワ・カレー」?? 相模原市と言えば、「宇宙科学研究所」。 そう、あの「イトカワ」です!☆☆ これに決めたっ!!☆☆☆ 辛い物大好きの亜子さんでも、食べ終わった後は、口の中がちょっ…

続きを読む

社会現象

メカ音痴の亜子さんは、初めて携帯電話からblogを投稿中です。 今朝はお日様ポカリンコで、ニンマリコと鎌倉に向かう電車に揺られております。 …突然、車内アナウンスが入りました。 小田急小田原線の相武台前で人身事故があったとの事。 またか… 最近、多いのです。人身事故が。 小田急線で特に多いのが、[相武台前]と[玉川学園前]。 これは先日、フルートの恩師…

続きを読む

中秋の名月

亜子さんが、「その月」を初めて見たのは、小学5年生のときでした。 中秋の名月の、翌朝、 亜子さんは、4時半頃に目が覚めました。 西側の窓には、カーテンがかかっており、 カーテン越しに、満月が見えていました。 なぜか眠れなくて、そのまま30分程、 ぼんやりと、カーテン越しの満月を見つめているうち、 ふと、何やら思いつき、 起き上がって、カーテンを開けてみると・・・・・・…

続きを読む

映画「剣岳 点の記」を観て その2

「開発」は、前人未踏の山に登るのと似ている。 「開発家」は、富や名声が目的で「開発」するのではない。 世の中に役立つ物を提供したい、という純粋な願いだけで、 真摯な態度で「開発」し続けるのだ。 映画「剣岳」では、 地図を作るという、 世界の中で自分がどこにいるのかを知りたい、 という純粋な願いを持つ「測量士」達が、 謙虚な気持ちで登り続けることで初めて、 登頂に成功…

続きを読む

映画「剣岳 点の記」を観て

「開発」は、「登山」と、よく似ている。 未登頂の山に挑む事と、よく似ている。 亜子さんは、歌声喫茶のお客様、O氏に、 「剣岳」を観なさい!・・・と言われたので、観にいって参りました。 日露戦争に勝った日本軍が、国防の一つとして、 「測量部」に、ある命令を下す。 それは、当時「死の山」と呼ばれ、 未だ登頂に成功していない「剣岳」の正確な地図を作れ!・・・というもの…

続きを読む

現代のエジソン  大事件

物理学者・原田信男先生は、米国特許取得者です。 世界一、ノイズの無い、鮮明な画像を、500メートル送信できる、「監視カメラ」を開発したのです。 亜子さんが、「電気学園」(→原田先生の研究室のこと。)に「入学」する、何年も前のこと。 その「大事件」は起こったのです。 ある日、原田先生は、一日の仕事を終え、帰宅なさいました。 しばらくしてから、用事を思い出し、 再…

続きを読む

現代のエジソン   「一瞬」の重要性

亜子さんの最大の恩師、原田信男先生は、物理学者です。 毎日、研究室に篭って、朝から晩まで、試作に励んでいます。 開発研究は、常に時間との勝負です。 掃除なんか、している暇は全くありません。 だから、研究室は、常にガラクタが散在しています。 時々、亜子さんは、ぶち切れます。 「先生っ!!これは何ですかっ!?捨てるんですかっ!?使うんですかっ!?どっちですかっ!?(怒)」 当然、原…

続きを読む

現代のエジソン やはり妻も「開発家」

物理学者・原田信男先生の奥様は、声楽家です。 名前は「宏子」さん。 幼少から、作曲家の高木東六先生に可愛がられて育ったようです。 彼女は長年、「ききょう音楽家協会」の会長を務めていらっしゃいます。 彼女は、音楽家の御親族の影響もあってか、幼少より音楽に親しみ、ピアノを習っておいででした。 ある日、宏子さんの家に、高木東六先生が訪問されたときのこと。 高木東六先生は、宏子さんを一目…

続きを読む

現代のエジソン 油断大敵

「先生は昔、パイロットだったから、スチュワーデスさん達に、モテモテだったでしょ!?」 好奇心旺盛な亜子さんが、唐突に尋ねると、研究に没頭していた筈の原田先生は、試作の手を休めて、 「そりゃ、そーだ!!よくわかったな、亜子虫(あこむし)め。」 「俺はパイロットだったからな、女性には困らなかったぞー。」 「特にセスナの場合は、女性が離さないんだ。」 突然、ニヤニヤと嬉しそうな表情をして…

続きを読む

現代のエジソン 大胆さと繊細な感性

好きな男性のタイプは?と聞かれるたびに、亜子さんは、 「尊敬できる人、繊細で感性豊かな人、視覚の鋭い人、スケールの大きい人、かつ、ラテン系。」 ・・・と、必ず答えるので、 「はあ?そんなの、何処にもいないよ!!」と、いつも馬鹿にされています。 そもそも、「繊細かつスケールが大きい」ということ自体、あり得ない!と言われます。 彼らが言うには、「矛盾している」のだそうです。 「実用新…

続きを読む

現代のエジソン やはり天才は違う

寒がりの亜子さんは、毎年冬眠します。 「電気学園」(亜子さんは研究室の事をこう呼ぶ)に登校(出勤)すると、まず暖房を入れて毛布を頭から被り、寒さを凌ぎます。そして、暫くして、毛布からモゾモゾと出てくると・・・ 「何だ?春が来たのか?啓蟄か?」 物理学者・原田信男先生は亜子さんの事を、「亜子虫(あこむし)」と呼びます。 原田先生は、いつもドライバーや半田ごてや、様々な道具を手にして…

続きを読む

現代のエジソン

皆さんは、世界で初めて、ガラスに通電した人物をご存知ですか? 彼の名は、「原田 信男(はらだ のぶお)」先生です。 日本人だったなんて、驚いたでしょう? 亜子さんが、原田先生と初めて出会ったのは、もう15年近く前になります。 原田先生は、早稲田大学理工学部を卒業し、夢だったセスナ機のパイロットになりましたが、心臓を悪くして地上に降り、自動車整備士の資格を取り、勉強を続け、ついには…

続きを読む