新年会

今日は、弟夫妻の家で、晴れの新年会!☆ 何と、弟嫁ちゃんのパパさん(大工さん)が、素敵な家を建ててくれたのですっ!☆ 羨ましいぃぃーーーーーっ\(◎o◎)/!☆ 完成当時、モデルハウスとして、公開していたらしいですヨ。 テーブルには、亜子さんの娘・・・ぢゃなかった、可愛い弟嫁ちゃんの手作りお節がズラリと並びます。 とぉーっても可愛くて料理上手な、亜子…

続きを読む

結婚しました!

・・・・いや、しかし、結婚したのは亜子さんではなく、亜子さんの弟でございます。 1月吉日、快晴、亜子さんの弟の結婚披露食事会がありました。 とぉーーっても若くて可愛い弟嫁は、亜子さんの娘みたいなモンです。 会場は、横浜みなとみらいのホテルです。素晴らしい眺望!☆ 亜子さんは、アメリカ在住「なおこちゃん」から、ギャラの前払いとして預かり受けて…

続きを読む

ついに片付いた!☆

亜子さんは小学2年の春に、東京都・中目黒から引っ越して来ました。 パパザウルスとママゴンは「昭和の群像」なので、亜子さんちは、リビング以外は全部、和室です。 「ラテン系」亜子さんは、当然、和室が大嫌いです! 小学生の頃から○十年間に渡り、床をフローリングに変えてくれと頼み続けましたが、 「昭和の群像」達は、一切、聞き入れてくれなかったので、 いつの間にか、心に決めました。 …

続きを読む

只今、お試し中。 ~ケラチン・コラーゲン編~

亜子さんは、「ブス髪」です。 小学生までは真っ直ぐな髪でしたが、中学入学後、突然?髪の毛がクリクリになってしまいました。 当時流行った「段カット」は、毛を引っ張りながら、カミソリでカットしていたので、それが原因か!? ・・・・・・・などと、わけわからぬまま、随分、悩んだものです。 もともと、ナイロン糸かと見まごうほど硬くて、図太くて、物凄ぉーーーい量の毛髪。 まさに…

続きを読む

初勝利!!

夕飯の後、ママゴンがゴキちゃんを発見!! 「あ゛ーっ!!お父さんっ!!殺虫剤、どこっ!?」 「玄関だっ!強力なヤツにしたからな、シュッてぇーひと吹きでヤッちまえっ!!」 ・・・・などと、慌しい様子に、昆虫大嫌い亜子さんの背筋はゾゾッ・・・・。 ・・・・嗚呼、今夜また出るな・・・・・ ①殺虫剤はゴキちゃんの正面から吹き付ける。 ②ゴキちゃんは嘘つきで、一度必ず死んだ…

続きを読む

「4月始まり」

「ケチりんこ」亜子さんは、毎年、スケジュール帳を、1月に買います。 10月、手帳やカレンダーの販売がスタートすると、 文房具屋、雑貨屋などを、3ヶ月間かけて、じっくり探し回ります。 使い勝手が良くないと買う気になりません。 365日間、使用する物なので、妥協は決してしません! 手帳を開いたら、 まず、見開き2ページに1ヶ月分のスケジュールが書き込めなくてはなりません。 …

続きを読む

カタツムリ

雨上がりの湘南・鵠沼海岸の住宅街で、カタツムリを見つけました。 そういえば、亜子さんの弟が小学生だった頃のこと。 雨の中を、ママゴン&弟を連れて、歩いていました。 弟が、何かを掴んだので、見ると、物凄くデカい、カタツムリでした。 その直径、約5センチメートル!!!! まさに巨大カタツムリでした。 弟は、自分の傘の上に乗せて、トントコリン歩き始めたので、…

続きを読む

メカ音痴 その4

亜子さんは、バリバリのメカ音痴です。 自動車「中型免許」取得者でありながら、 これまで1度も、たった一人で車のボンネットを開けてみたことがありません。 インターネットが趣味だけど、 突然、パソコンの画面に、 不明な文字が現れて、動かなくなっちゃったりしたら、大変!! 元システムエンジニアの弟にSOSを出さなくてはなりません。 でも、ギタリストの弟は、 昼は、ギター…

続きを読む

新型インフルエンザ

すっかり秋らしくなって参りました。 ブログ読者の皆様、お元気でいらっしゃいますか? 「私らは、元気満々だよっっ!!!」 「アンタ(→亜子)の方が、クタバッテるんじゃないのか?ブログさぼってぇー!!!」 「毎日、ちゃーんとアクセスしてるのに、全然ブログ更新してないじゃないのサ!!パケット通信料、どぉーしてくれるのサ!!!!」 ・・・・・・・・皆様のお声が、手に…

続きを読む

新しい時代への扉  その4

亜子さんの母方の実家は、新潟県柏崎市内にあります。 「新潟県中越沖地震」の被害に遭い、 300年続いた古い屋敷は、ついに取り壊されました。 祖母の実家は、この屋敷の近所です。 祖母は、この村に生まれ育ち、 そして、この村の庄屋に嫁入りしました。 天皇崩御の平成元年、祖父は88歳で亡くなりました。 それ以来、ずーっと、 祖母は、広くて古い古い屋敷に一人暮らしをしていました。…

続きを読む

新しい時代への扉  その3

亜子さんの従兄弟の「おさむ」君は、 長年、新潟市内で一人暮らしをしていました。 毎日毎日、酒とタバコは欠かせなかったようです。 毎月、東京に、店の仕入れに行き、 月に数回、柏崎の実家に帰っていました。 あるとき、「おさむ」君は、 「禁煙する決意をした」と、伯父に話したそうです。 それから、わずか数日後、 12月25日頃、 「おさむ」君は、突然死しました。 発見されたの…

続きを読む

新しい時代への扉  その2

亜子さんの母方の伯父(70歳代)は、 とても物静かで、真面目な人です。 長年、とても苦労して来た人です。 伯父の一人息子の「おさむ」君も、 とても物静かな人です。 幼少より、厳格な祖父母の下で育てられ、 病床についた母親の姿と、看病する父親の姿を見て育ちました。 伯父も、「おさむ」君も、 何やら「影」を感じさせる人です。 時折、ふと、寂しそうな表情をします。 そん…

続きを読む

新しい時代への扉  その1

亜子さんの母方の伯父(70歳代)は、 長男でしたが、実家を継がずに、 その昔、家を出て、「婿入り」しました。 「婿入り」した家は、柏崎市内にあり、 亜子さんの祖母の家と同様、元禄時代から続く、古い家柄です。 その家に「婿入り」した伯父は、 厳格な義父と義母の下で、 「ご先祖」の土地や財産全てを守るべく、 何十年も苦労したそうです。 しばらくして、義父と義母が亡くなり…

続きを読む

「新潟県中越沖地震」 その後

亜子さんの、母方の実家は、新潟県柏崎市内にあります。 「新潟県中越沖地震」の被害にあった場所です。 柏崎市は、震度6強を観測した地域です。 元々、庄屋だった母の実家は、刈羽郡下一を誇る家です。 母が子供の頃、 村の小作人達が、エンヤコラと、お米を沢山運んで来たそうです。 庭には、大きな松の木や柿の木が沢山あり、 沢山の鳥や、ムササビが住んでいたそうです。 「家…

続きを読む

新しい親族へのメッセージ

亜子さんは、今まで、親族の結婚式に、一度も出席したことがありません。 えっ!?・・・と思うでしょう? 亜子さんと年齢が近い筈の「いとこ」の中で、結婚した人は、わずか一人きりです。 しかも、遠方に住んでおり、地味婚だったので、亜子さんは、出席しなかったのです。 いや、それにしたって、「一度もない」ですと?? そう、一度もないのです。 亜子さんの両親が言うには、 亜子さんの…

続きを読む